文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > 委員会&部会の紹介 > カード及びカードシステム部会
JBMIA について
委員会&部会の紹介
カード及びカードシステム部会
概要
当部会は、カード ( ICカード・光メモリカード等 ) 並びに、カードと関連する機器、システムを対象として、関連会社の参加により活動している。
近年、IC カードは生活空間に於いて、極めて重要な位置を占めつつある。 今後とも、IC カードの普及は拡大していくと思われ、利用者にとって、より便利に・より安全に・より安心して活用戴けるよう、必要な情報や知識の普及と、新たな技術の発展の重要性は増している。 当部会は、その為の種々の活動を行っている。
活動内容は、標準化・生産統計・国内外の動向調査、セキュリティの調査研究、そして普及推移と多岐に亙っている。 また、当協会には、ISO/IEC JTC1 / SC17 ( カード及び個人識別 ) の国内委員会事務局があり、標準化等の活動において連携して普及啓発を行っている。
利用者から高い信頼を寄せられる商品を供給することを目指し、マーケティング戦略・技術戦略・製品戦略等に役立つよう活動を推進している。
組織
活動内容
カード部会
有識者の講演会等を通じて、市場動向・技術動向等の最新情報を収集し、各分科会の活動状況を共有する事を目的とした活動を行っている。
標準化分科会
カードに係る JBMS ( 協会規格 ) の原案作成等を中心に活動を行っている。
生産統計分科会
IC カード生産統計調査及び保有枚数調査を行っている。
セキュリティ分科会
IC カード関連のセキュリティ情報を整理分析し、情報発信を行っている。
海外調査分科会 ( 平成24年3月閉会 )
海外市場の情報収集と分析、並びに現地調査を行い、情報発信を行っている。
詳しくはこちらをご覧ください
戻る