文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > 委員会&部会の紹介 > 電子ペーパーコンソーシアム
JBMIA について
委員会&部会の紹介
電子ペーパーコンソーシアム
概要
一枚のシート状のものに、電子的に文字や画像を表示したり、更新したりできる 「 電子ペーパー 」 というアイデアがある。 森林資源の枯渇などで、将来紙が使えなくなる可能性もあり、国内外で多くのメーカーが電子ペーパーの開発に取り組んでいる。
2003年に ( 社 ) ビジネス機械・情報システム産業協会 ( JBMIA ) に 「 電子ペーパー懇談会 」 が発足した。 JBMIA は、タイプライタ、ワープロ、複写機、プリンタといったドキュメント関連機器に深く関わってきた経緯から、紙の特性を生かした電子表示媒体としての 「 電子ペーパー 」 の可能性と特性に着目し、各企業が共同で、調査・研究を進めていこうということになった。 当初、研究しようとしたことは、以下のものである。
1. 何故、紙がドキュメントメディアとして強いのか、紙の特長、強みを研究する。
2. その上で、電子ペーパーが持っている今までのメディアに代わる強みと特長は何かを追求する。
3. そして、電子ペーパーはどのような場面で活用されるのか、その普及シーンを想定する。
4. ユーザーのニーズは何か? 電子ペーパーに対して持つイメージと期待はどんなところにあるのかを調査する。
5. さらに、電子ペーパーのあるべき姿と形、機能、ユーザーの使い勝手を研究する。
6. 問題点や課題を把握し、ビジネスモデルを構築し、市場での実証を行う。
この懇談会は、2006年に 「 電子ペーパーコンソーシアム 」 に名称が変わり、引き続いて研究・調査を進めている。 2006年以降、「 新しいメディアとしての可能性 」 についての探索的な議論が活発になった。
今後、電子ペーパーコンソーシアムは、電子ペーパー研究のハブとなって、企業間、国際間の交流、技術・ビジネスの両面からのアプローチを積極的に進めていく。
組織
活動内容
【 2011年度活動実績 】
1. 第5回目となる電子ペーパーアイデアコンテストを実施し、「 ワークスタイルを変革する電子ペーパー 」 をテーマに将来のオフィスワークや働き方の変革につながるアイデアを募集した。
多数の応募作品より大賞1作品、準大賞1作品、優秀賞3作品、審査員特別賞1作品を選出し、第8回電子ペーパーシンポジウムにおいて表彰した。
2. 第8回目となる 「 電子ペーパーシンポジウム 」 を平成23年10月28日(金) にパシフィコ横浜 会議センター 304会議室にて実施した。
3. 電子ペーパーの国際標準化を ISO、IEC での成立を目指して活動を行い、国際会議に委員を派遣した。
4. 東海大学 面谷研究室に委託し、「 紙の見やすさの本質を探る 」 研究を実施した。
詳しくはこちらをご覧ください
戻る