文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > 委員会&部会の紹介 > 第108委員会
JBMIA について
委員会&部会の紹介
第108委員会
概要
当委員会設立の経緯について
■IT 機器、オーディオ・ビデオ機器のデジタル化、ネットワーク化、多機能化、複合化への発展は目覚しいものがあり、これらの発展に伴う安全性に関する基準、判断も益々複雑化している。
これに対応していくため IEC において従来の TC74 ( IT 機器の安全性 )、及び TC92 ( オーディオ、ビデオ及び関連電子機器の安全性 ) を統合し、2001年に新たに TC108 ( オーディオ・ビデオ、情報技術、通信技術分野における電子機器の安全性 ) が設立された。
 
この IEC/TC108 設立に伴い、日本でも新たに国内委員会 ( 第108委員会 ) が2002年4月に設立され、その国内審議団体として一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会が引受けることになった。 この新 TC108 では、統合に伴う TC74 及び TC92 の対応に加え、新たな視点に立った 「 ハザード別安全基準 」 の規格作成が進められており、第108委員会としても積極的に基準作りへ参加している。

■当委員会の対応範囲
当委員会は、日本工業標準調査会が IEC に関して行う業務のうち、主として TC108 に関する業務について、同調査会に積極的に協力して、同分野の国際標準化に尽くすとともに、国内規格 ( 電気用品安全法技術基準及び JIS ) との整合化のための調査・検討を行うことを目的とし、TC108 の担当分野において次の事業を行う。

1.IEC 規格に係わる事項の審議・答申、日本原案の作成
2.国際会議への代表派遣
3.電気用品技術基準及び JIS の IEC 規格への整合化に必要な調査・検討及び原案作成
4.国内関係組織及び IEC 本部、関係各国との連絡・情報交換
組織
活動内容
AV/IT機器の安全性規格に関連する活動を行う。
1.IEC 規格 : 規格原案作成への参加。規格原案 ( 制定/改定 ) の審議を行い、日本回答案の作成を行う。
2.国際会議への参加と会議結果の報告を行う。
3.JIS 原案の作成。

MT1 分科会:AV 機器及び関連機器の安全性規格 ( IEC60065 ) の見直し及び訂正審議を行う。
MT2 分科会:IT 機器の安全性規格 ( IEC60950、他 ) の見直し及び訂正審議を行う。
HBS 分科会:AV/IT 機器共通の 「 ハザード別安全基準 」 規格原案の作成に参加すると共に、原案審議を行う。
JIS原案作成G:JIS原案の作成(制定・訂正)活動を行う。

          
戻る