文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > 委員会&部会の紹介 > デジタル印刷機部会
JBMIA について
委員会&部会の紹介
デジタル印刷機部会
概要
当部会は、昭和35年協会設立と同時に 「 謄写部会 」 として発足した。 その後、製品の 「 一体型謄写機 」 への進化に伴い、平成3年12月に製品名称を 「 デジタル印刷機 」 と改称し、部会名称も 「 デジタル印刷機部会 」 に改め現在に至っている。 現会員は、4社が部会構成会社として参加し業界として共通の課題に取り組んでいます。

デジタル印刷機は、少量から大量印刷時の圧倒的な低ランニングコスト、耐久性、アプライアンス化、PC 接続によるオンデマンド・ネットワーク化、更には、オンラインソータによるシステム化等、エンドユーザーの総コスト削減要求などに応え得る情報機器として期待されている。 また、昨今の電力不足に対しては、消費電力が少なく多量印刷が出来ることが改めて注目されている。
組織
活動内容
1.国内外の市場動向調査
2.国内外の標準/環境規制に対する対応
3.用語、仕様書様式及び性能試験方法の標準化活用 ( JBMS )
4.デジタル印刷機の普及促進活動
戻る