文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > JBMIA とは
JBMIA について
JBMIA とは
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 (英文名:Japan Business Machine and Information System Industries Association=略称:JBMIA) は、ビジネス機械とそれに付随する情報システム産業の発展に貢献する団体です。
1960年に、11社からの発起人により任意団体 「 日本事務機械工業会 」 を設立し、半世紀以上にわたり活動してまいりました。 1966年に社団法人としての認可を受け、2002年に 「 ビジネス機械・情報システム産業協会 」 に名称を改め、さらに2012年4月からは一般社団法人に改組しました。
当協会では、製造事業者のみならず販売やサービス関連の事業者とも連携を深め、より幅広い視点から、環境保全、製品安全、標準化、国際協力、調査統計等に関する事業を多角的に展開しています。
今後とも、当協会が直面する内外の重要課題に取り組むと共に、企業・組織における業務効率の向上に寄与する提言を発信し、人々が創造性を発揮できる、快適なオフィス環境の実現のために尽力してまいります。
JBMIAの理念・あるべき姿
理念
ビジネス機械・情報システムの継続的な革新を通じて、新しいワークスタイルを提案し、活力あるグローバル社会を創る
あるべき姿
  • 業界の将来をグローバルに見据え、情報収集、分析を行い、政策提言ができる団体であること
  • お客様の安心・安全・利便性を徹底的に追求していること
  • 低炭素社会・循環型社会の実現をリードしていること
JBMIA の主な対象製品
複写機・複合機 ドキュメントマネージメントシステム ページプリンタ
データプロジェクター タイムレコーダ 電卓・電子辞書
カードおよびカードシステム シュレッダ ECR/POS ( 金銭登録機 )
電子ペーパー デジタル印刷機
戻る