文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > 会長挨拶
JBMIA について
会長挨拶

一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 会 長 碓井 稔(セイコーエプソン株式会社 代表取締役社長)

近年、国際社会においては、グローバリゼーションが進み、新興国の 台頭などにより国際競争が厳しさを増しています。
足元の経済環境は、国内においては、個人消費動向の足踏みなども ある中、雇用・所得環境改善が見られ緩やかな回復基調にありますが、欧米など先進国が緩やかな景気回復基調で推移する一方、経済成長を牽引してきた新興国経済の減速や、円高の進行などにより先行きが不透明な状況にあります。
一方、昨年来世界では、TPP の大筋合意や COP21 パリ 協定採択など各分野において新たな枠組みが形成され、大きな変革期を迎えているといえます。
私は、このような環境変化を踏まえ、業界全体の共通課題として、先進国はもとよりASEAN地域など新興国において多様化する法規制や環境規制の変化、通商関税における新たな枠組みによる影響を先取りし、迅速な対応を行うことにより、国際社会における当業界の競争力維持向上を図るべく、協会活動の更なるグローバリゼーション推進に取り組んでまいります。
以上を踏まえ、私は新会長として JBMIA が政策面で取り組むべき重点テーマを、「多様な環境規制への対応をリードする基盤構築」、「海外団体との連携強化によるグローバルビジネスをとりまく環境変化への対応」、「魅力ある協会づくりと体質強化」の三点におきました。
これらの施策により、協会のグローバリゼーション推進と価値向上を図ることで、業界の持続的な成長に貢献してまいります。
これ以外にも、AI や IoT への対応など当協会が取り組むべき課題も多く、高い志を持って会長の責務を果たしてまいりたいと思います。
皆様のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。
詳細版
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会
会長 碓井 稔
(セイコーエプソン株式会社 代表取締役社長)
戻る