文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ホーム JBMIAについて 統計データ 委員会・部会の活動 トピックス 刊行物 規格
ホーム > JBMIA について > 会長挨拶
JBMIA について
会長挨拶

一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 会 長 山下 良則(株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員 CEO

世界経済および日本経済は順調な拡大を続けるものの、貿易摩擦の激化に対する懸念など、今後の展開については不確実性が高まっています。
他方、情報通信技術の劇的な進歩に加え、人工知能の実用化も進み、オフィスも工場も、第4次産業革命とも呼ばれる大きな変化の渦の中にあります。そのため私達の業界には、これまで以上に新しいイノベーションを生み出し、経営面でも素早い対応を採ることが求められています。
このような中で、グローバル社会が持続的に発展していくためにSDGsが提唱されるなど、社会変革に向けて国際社会が連携した取り組みを加速しており、グローバルで事業活動を行う当業界への期待も一層高まっていると認識しています。
私は、このような環境変化を踏まえ、当業界としてグローバル社会の課題解決にリーダーシップを発揮して応えていきたいと考えています。そして、多様化するニーズを先取りし、新しい価値を創出するために未来志向で発想し、当協会の会員企業と一体となってイノベーティブな社会の実現に寄与できる業界団体であり続けるために、政策提言などの協会活動に積極的に取り組みます。
私は新会長としてJBMIAが取り組む重点テーマを、「グローバル社会の一員としてSDGsに貢献」、「グローバル競争環境の変化への対応強化」、「協会プレゼンスの向上」の三点としました。これらの施策により、協会の理念の実現に貢献し、当協会が取り組むべき様々な課題にチャレンジしてまいります。
皆様のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会
会長 山下 良則
(株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員 CEO)
戻る