TOPICS
ニュース
2021/06/25 掲載

事務機セキュリティプログラム(BMSec)の運用を開始しました。

IoTデバイスの普及に伴い、IoTデバイスを標的としたサイバー攻撃が増加傾向にあり、世界各国でIoTデバイスに対するセキュリティ対策が求められています。事務機の分野においては、様々な環境で使用されるプリンター、複合機、スキャナー、ファクスなどのセキュリティ対策が求められます。特に昨今はリモートワークや在宅勤務が普及したことで、その必要性はより広範囲に及んでいます。

こうした状況に対応し、JBMIAは事務機のセキュリティの標準規格として、ネットワーク機能付き事務機セキュリティガイドラインを策定しました。BMSecは、製造業者/販売事業者自身がこのガイドラインに対する適合性を評価し、自己適合宣言を行い、適合結果をJBMIAが確認・公開する制度です。

必要なセキュリティ対策を備えた事務機を選定する際、その製品が要求されるセキュリティ要件を満足していることを供給者である製造業者/販売事業者が購入/調達者であるお客様に知らせ、より安全・安心に事務機を活用いただくための仕組みです。

BMSecホームページはこちらから  ← クリックしてください。

なお、当サイトのトップページ下段に「BMSec」のバナーも掲載しています。
こちらからも閲覧可能です。