JBMIAについて

委員会&部会の紹介

大判インクジェットプリンター部会

概要

当部会は、2018年4月1日に部会として発足しました。大判インクジェットプリンター分野における共通の課題解決に取り組むことを目的に、6社が参加しています。
デジタル化が進む当分野において、お客様のニーズにお応えするとともに、標準化等の活動を通して、社会に貢献して参ります。

(対象品目)
以下の項目で定義される「大判インクジェットプリンター」とする。
・インクジェット方式
・分野
  グラフィックス(プルーフ、フォトを含む)、CAD/GIS、テキスタイル、サイネージ
・対応用紙幅は17 インチ(432mm、A2ノビ)以上
  但し、テキスタイルに含まれるガーメントプリンターに関しては17インチ以下を含む
・シリアルヘッド方式、ラインヘッド方式

組織

活動内容

大判インクジェットプリンター部会
・自主統計事業の推進

■環境・安全性分科会
・大判インクジェットプリンターの使用環境に関する安全性の検討
・ワールドワイドの法規制、環境ラベル調査

■基本仕様記載項目標準化分科会
・基本仕様をカタログに記載する方法の標準化の検討
 →2019年度「大判インクジェットプリンター基本仕様記載標準」を制定